生理痛(婦人病が原因となっていることもあるでしょう)で有名な市販薬を紹介したいと思います。 ・バファリンルナ ・ロキソニンS ・新セデス錠 これらが生理痛(非常に個人差があり、ほとんど感じない人もいれね、日常生活を送ることすらままならない人もいます)で広く知られている市販薬です。 バファリンルナは、イブプロフェンとアセトアミノフェンの2つの鎮痛成分が含まれているので、即効性があります。 それに、バファリンルナには、胃を保護する成分が含まれている為、安心して飲むことができます。 また、眠くなるような成分は含まれていませんので、仕事中や出先でも飲むことができるでしょう。 続いて、ロキソニンSについてです。 以前は、ロキソニンを薬局で買うことができませんでしたが、最近、薬局で買えるようになっています。 それがロキソニンSという薬なんです。 ロキソニンとロキソニンSの違いは、パッケージだけで、成分は同じです。 病院で痛み止めというと、ロキソニンが処方されることが多いようですよ。 そのくらい、ロキソニンは優れた鎮痛効果がある薬になると思います。 最後に、新セデス錠は、非ピリン系解熱鎮痛薬になります。 胃への負担が少なく、4種類の成分が配合されているので、即効性がある鎮痛剤です。 これらの市販薬が有名なのですが、必ずしもみなさんに効果があるものですがません。 合う合わないがあるので、自分に適した生理痛の薬を飲くださいね。 また、生理痛(非常に個人差があり、ほとんど感じない人もいれね、日常生活を送ることすらままならない人もいます)の薬である鎮痛剤(アスピリン、イブプロフェン、ロキソプロフェン、アセトアミノフェン、ジクロフェナクなどが代表的な成分です)は、どうしても胃に負担がかかってしまうため、胃が弱い方は胃腸の薬も一緒に服用したり、食後に服用するようにしてくださいー